バイク売る

歴史とモデルごとの買取の概要

ホンダ・フュージョンは、その歴史が長く、発売開始は1986年にさかのぼります。1997年において、後継車種であるフォーサイトにモデルチェンジされ、そのまま国内の販売は終了しました。しかし、その後にいわゆるビッグスクーターブームが起こります。

ブームの前に長く販売を続けていたこともあり、ビッグスクーターの先駆けとして存在価値が高まり、中古市場において人気が出てきます。その後、需要の高さに応える形で、2003年に国内での正規販売が復活します。

しかしながら、排ガス規制に伴って2007年に再度の生産終了を迎えます。それに続いて、輸出仕様車についても生産終了となりました。

フュージョンの名は二度の生産終了までの間の長い販売期間、そしてブームの先駆けであったことから、その知名度は高く人気の高い機種です。そんな中でも、再生産後に台数限定で販売されたフュージョンXのSEモデルが全モデルの中でも最も価値が高くなっています。

一方で、2007年までの間にニューモデルが続々と登場し、加えてビッグスクーター市場全体で車種が豊富に投入されたことで、現在のところ目立った価値の上昇などは見られません。

それでも、新車は手に入らないという事情もあって、買取価格は安定的に推移しています。フュージョンXならば10万円台後半から20万円台まで狙えますし、SEモデルならばさらに評価額は上乗せされます。

特に、現在は使用していて将来的な売却を考えている方などは、メンテナンスをしっかり行い、オリジナルパーツの管理などをしていれば、今後は間違いなく買取価格がアップしていきます。

特集★包茎治療の裏側

現在、主に包茎治療をしようという場合、泌尿器科などのお医者さんで保険診療を選択するというのは現実的ではなくなりました。

多くの方は、自由診療になる「切らない手術」など、美容形成クリニックでの包茎を選択しています。

健康保険が効かないので治療費は高くなりますが、その分、術後の仕上がり、つまり、見た目の良い結果が得られると好評です。

激安価格3万円の包茎手術料金を掲げているABCクリニックや東京ノーストクリニック等でも、オプションで追加料金を支払うことにより、殆ど傷跡がわかりにくくなるような術式を選択することも可能です。